9-2

車を購入するとしたらご予算は?無理をしないで済む範囲に収める理由

車を買うとしたら、初心者だってお金が必要です。
そんなところでだれも優遇などしてはくれません。
では、どうしたらいいのかといえば、いったいいくらかけることができるのかを考えることです。
何でもいいからということで考えても、お金は出ていくのですから、しっかりと考え決断することが求められるといえるでしょう。

予算は限りなくあるわけじゃない

いったいいくら使えるのかということを考えることは重要です。
どんな車が欲しいのかを考えていかなければいけませんが、それだってない袖は振れるわけじゃないのですから、予算を確保してから考えたほうが現実的でしょう。
それと、先に予算を決めておくことで、欲しいから予算をオーバーしてもという本末転倒な考えに至らずに済みます。
せっかくの車だって、支払っていくことができなくなるリスクを抱えたら、購入なんてしないほうがましなのです。

お金のプランを考えるうえで、まずは収入をはっきりさせましょう。
お仕事をして、毎月いったいいくら入ってくるのかを正確に把握します。
税金なども引かれ、手取りとしていくら残るのか、ここからスタートです。

次に必ずかかるお金を引きましょう。
一人暮らしなら、家賃や水道光熱費があるはずです。
変動することもありますが、ある程度把握はできていることでしょう。
親元で暮らしているのであれば、入れている食費や会社までの通勤費、お昼代といったところは必ずかかってきます。
保険料なども重要ですので忘れず。
その辺りをはっきりとさせ、手取りの収入から引いてみます。

今度は変動するお金を考えましょう。
たとえば、どこかでお食事をすることも、お酒を飲むこともあるはずです。
これが会社とつながっていることなら、これは仕事にも影響するため、ある程度考慮して行かなければいけません。
趣味の部分もあるでしょう。
こうしたお金をある程度予算建てして、また収入から引いてみます。
その金額から、1割は貯金に回すなど余裕をもって考えるぐらいが重要です。

もしものことを考えて

残った金額も、すべて車を購入する金額に入れられるわけではありません。
車を買えば、維持費が出ていきます。
たとえば、1週間に1度給油をすると考えれば、1回3000円なら1万2000円を引かなければいけません。
これがハイオクなら、もっと予算を見なければいけませんし、燃費が悪ければ1回5000円になることも珍しくはありません。
回数だって増えますので、どんな車にするかでも変わります。

車検もやってきますし、タイヤもいずれダメになるでしょう。
オイル交換も考えなければいけないのですから、ガソリン代とは別に月1万円程度はもしもの費用に取っておきます。
さらに、保険の問題も出てきますので、大きな車ならもしもの時の貯蓄と合わせて2万円見ても足りなくなることが出てくることを中止しなければいけません。

こうした残ったお金が、車を購入するための資金源です。
おそらく思っている以上に少なくなっていることでしょう。
無理をしても返済は厳しくなるのですから、かなり余裕を持って購入することが重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です