9-3

車を売っているお店はいっぱいある!ディーラーから独立中古車店まで

車の予算が決まったら、今度はどこでどんな車を買うかを考えなければいけません。
車と一口にいっても、売っている場所は様々で、それぞれ違いがあるからです。
簡単に購入する金額のものではないからこそ、どこで購入するかも考えていかなければいけません。

メーカーが中心となる新車のディーラー

車を購入する方法として考えられるのは、大きく分けて二つあります。
メーカー系と販売店です。
メーカーは、その名の通りトヨタや日産、ホンダなどのディーラーで、中古販売店もあったりします。
販売店も細かく分けると違いがありますが、メーカーから供給を受けた販売店と中古車店として独立経営しているところがあるのです。

新車を販売しているディーラーは、基本的に新車販売だけを考えています。
中古車も並行して行っていることがありますが、トヨタや日産といったところは、新車のみ扱っていると考えたほうがいいでしょう。
メーカーですので、サービスはしっかりしていますし、パーツも取り寄せたりすることが簡単です。
人気の車種の場合、優先的に取り寄せられたりすることもあります。

欠点として、新車ディーラーは、あまり値引きに応じません。
強気に出てくるところもあります。
特によく知られているのがレクサスで、一切値引きしません。
値引きということもご法度な販売で、そういったお客は相手にしないという姿勢を貫いていますので、事前に注意が必要です。

中古車を買い求めるなら

中古車販売店の場合、メーカー系もあります。
トヨタ中古車販売のような形のお店で、トヨタの車を中心に扱う点で特徴があるといえるでしょう。
新車ほどは強気に出ませんが、それでも高いことはよくあります。
パーツやメンテナンスに関して、自社のものであれば相当修理も可能なため、安心感は高めです。
他社の車は、そこまで手に入れることがないため、かなり安く売ることもあるため、ねらい目だったりもします。

独立系の販売店は、大きなチェーンと個人規模の販売店の2つに分かれる点が注意です。
大きなチェーンは、新車の販売店もやっていたりすることもあり、多くの車を集めやすくなっています。
独自のオークションを持っていたりすることもあり、好みの車を探し出しやすい特徴がありますが、基本としてメンテナンスなどが高額になりやすくなることがあるのです。

小さな中古車店は、そこまで多くの車を集められないこともあり、独自色を出しつつあるテーマに沿った車の販売をしていることがあります。
キャンピングカー専門店やチューニングカーなどもあり、どんなところを選ぶかで違いが出てくるのです。
価格は安くなりやすい代わりに、パーツを集めるのに時間がかかったりすることもありますので、注意しなければいけません。
代わりに、珍しいものも集められたりするため、どんな車が欲しいのかを考え選ぶ必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です