9-4

初心者にあっている車を選ぶには?車を購入するときに考えるポイント

車を買おうと選んでいるとき、どんな形の車がいいか考えてしまうでしょう。
しかし、初心者であるということを忘れてはいけません。
あくまでも、運転はうまくないという事実を無視するべきではないのです。

初心者の運転は危険だということを考える

車の運転がうまくなるためには、時間が必要です。
運転した時間は経験となり蓄積されることで、技術を向上させることができます。
これはプロレーサーなどでも同じことで、いきなり運転がうまくなったりすることなどないのです。
つまり、初心者のころの運転は、だれでもうまくありません。
そんな時に、操作の難しい車に乗れば、事故を起こす可能性を高めます。
事故を起こしてないから大丈夫と思う人は、たまたまそうならなかっただけのことです。
事故を起こす確率は高く、それが100%ではなかっただけのことなのですから、経験を積みどんどん下げていくことを考えていかなければいけません。
初心者なんだから、ぶつける可能性が高いといわれるのは、当然のことだと思いましょう。

安全に走ることができる車を

初心者の時、どんな車を選ぶかは、いくつかの考え方があります。
ぶつけてしまう可能性を考え、丈夫な車を購入して、身を守るということが一つでしょう。
たとえば、軽自動車を避けて、コンパクトな車を買うというのも一つの選択なのです。
ただし、現在の軽自動車の衝突安全性能は上がってきており、以前のような差別化を考える必要まではありません。

次に速度があまり出ない車で、重量が少ないものを考えるのも方法です。
速度を出さないということは、安全上重要であることは間違いないでしょう。
車の性能がどんなに上がっていったとしても、速度が上がったことをカバーできるほど人間は進歩していません。
それが初心者ならなおのことでしょう。
基本的に排気量が上がれば、速度が出やすくなるのですから、排気量の少ない車を選ぶことも必要です。
重量は、少ないほうが簡単に止まります。
その分だけ、安全に停車できるということを考えると、大きな車で重量があれば、危険性は高まると考えることができるのです。

座ってみて視界の確認

座ってみて、視界がしっかりととれるかどうかも重要なポイントといえるでしょう。
カタログだけみているとさっぱりわかりませんが、運転席に座ってみると、明らかに見えない車があります。
フロントボンネットが長い車や、シートポジションが低い車は、視界は決してよくありません。
後方の視界も重要ですし、タイヤの位置はできるだけはじにあるほうが、視界はよくなるようになります。
ピラーの位置も重要で、本当に見えない車は、体を動かしながら見ることにもなるのですから、実際に座ってみて考えることが重要となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です