9-7

初心者でもわかる駆動方式!選び方で維持費が変わる?

車には、駆動方式によって、FFやFR、4WDがあります。
あまり数はありませんがMRやRRといったものもありますが、それぞれ特性が違います。
初心者が選ぶのであれば、一体どれがいいのか、考えておかなければいけません。

いろいろとある駆動方式

駆動方式を見ると、必ずFFやFR、4WDといった言葉がかかれているでしょう。
FFとは、フロントエンジンフロント駆動と呼ばれる形です。
FRは、エンジンはフロントで、後ろのタイヤが駆動します。
4WDはAWDとも呼ばれますが、4輪が駆動する方式で、いくつかの形があり、それぞれ特徴が違うのです。

珍しいMRやRRは、最初文字があらわす通り、Mはミッドシップレイアウトでエンジンが車の真ん中にあるタイプで、トヨタのMR-SやホンダのNSXなどが知られていますが、スポーツ走行を得意としています。
RRは、日本にはほぼありませんが、ドイツ車のポルシェが採用していることがよく知られており、後方にエンジンが搭載されているのです。

初心者ということでは、選ぶとするとFFとFR、4WDというところになるでしょう。

それぞれの特性は

昔の車の多くはFRでした。
簡単に言えば、後ろのタイヤ車を押し出し、前輪で舵を切ります。
ハンドルを切って曲がろうとしたとき、後輪が前に押し出そうとするため、オーバーステアという状況を引き起こしやすいのです。
つまり、回転してしまう可能性がありますが、これを利用して早く走ることもできます。
当然、一般道で行えば、事故につながる可能性がどんどん高まりますので、危険性も高いといえるでしょう。

FFは、全重量が前に傾きやすいため、なかなか曲がらないアンダーステアが起きます。
乗り心地という点ではFRに劣ることがありますが、安全に走行するということではFFのほうが上です。
もちろん、曲がりにくいのですから、速度を落として安全に曲がることが重要になるでしょう。

4WDの場合、パートタイムとフルタイム、リアルタイムで違いがありますが、乗用車や一般的なミニバンではパートタイムはなくなりつつあります。
フルタイム4WDの場合、前のタイヤは引っ張り、後ろのタイヤは押すのですから、雪が降りやすい地域や雨の多い地域では安全に走ることができるのです。
乱暴な考え方ですが、FFやFRに比べると、全部のタイヤに仕事をさせるため、エンジンは倍の力を必要とし、燃費が落ちていきます。
タイヤの減りも早くなりますので、維持費ははるかに大きなものになるでしょう。
部品が多く必要になり、車の重量も重くなりますので、ブレーキの消耗も早くなりがちですので、さまざまな点検も欠かせません。
安全性を取るか、費用を取るかで考えていかなければいけないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です