初心者でもわかる駆動方式!選び方で維持費が変わる?

車には、駆動方式によって、FFやFR、4WDがあります。
あまり数はありませんがMRやRRといったものもありますが、それぞれ特性が違います。
初心者が選ぶのであれば、一体どれがいいのか、考えておかなければいけません。

いろいろとある駆動方式

駆動方式を見ると、必ずFFやFR、4WDといった言葉がかかれているでしょう。
FFとは、フロントエンジンフロント駆動と呼ばれる形です。
FRは、エンジンはフロントで、後ろのタイヤが駆動します。
4WDはAWDとも呼ばれますが、4輪が駆動する方式で、いくつかの形があり、それぞれ特徴が違うのです。

珍しいMRやRRは、最初文字があらわす通り、Mはミッドシップレイアウトでエンジンが車の真ん中にあるタイプで、トヨタのMR-SやホンダのNSXなどが知られていますが、スポーツ走行を得意としています。
RRは、日本にはほぼありませんが、ドイツ車のポルシェが採用していることがよく知られており、後方にエンジンが搭載されているのです。

初心者ということでは、選ぶとするとFFとFR、4WDというところになるでしょう。

それぞれの特性は

昔の車の多くはFRでした。
簡単に言えば、後ろのタイヤ車を押し出し、前輪で舵を切ります。
ハンドルを切って曲がろうとしたとき、後輪が前に押し出そうとするため、オーバーステアという状況を引き起こしやすいのです。
つまり、回転してしまう可能性がありますが、これを利用して早く走ることもできます。
当然、一般道で行えば、事故につながる可能性がどんどん高まりますので、危険性も高いといえるでしょう。

FFは、全重量が前に傾きやすいため、なかなか曲がらないアンダーステアが起きます。
乗り心地という点ではFRに劣ることがありますが、安全に走行するということではFFのほうが上です。
もちろん、曲がりにくいのですから、速度を落として安全に曲がることが重要になるでしょう。

4WDの場合、パートタイムとフルタイム、リアルタイムで違いがありますが、乗用車や一般的なミニバンではパートタイムはなくなりつつあります。
フルタイム4WDの場合、前のタイヤは引っ張り、後ろのタイヤは押すのですから、雪が降りやすい地域や雨の多い地域では安全に走ることができるのです。
乱暴な考え方ですが、FFやFRに比べると、全部のタイヤに仕事をさせるため、エンジンは倍の力を必要とし、燃費が落ちていきます。
タイヤの減りも早くなりますので、維持費ははるかに大きなものになるでしょう。
部品が多く必要になり、車の重量も重くなりますので、ブレーキの消耗も早くなりがちですので、さまざまな点検も欠かせません。
安全性を取るか、費用を取るかで考えていかなければいけないのです。

初心者が選ぶのならどっち?2ドアと4ドアの大きな違い

車を選ぶ場合には、ドアの数を考えることも必要です。
初心者だと、デザインばかり考えて、ドアの実用性を無視してあとから大変使いにくい思いをすることもあるでしょう。
甘く考えると、後悔するだけでは済まないこととなるのです。

見た目にかっこいい2ドアはきつい

ドアの数というと、基本は4ドア2ドアになるでしょう。
5ドアや3ドアといった奇数の場合には、リアハッチがドアとして数えられている場合がほとんどです。
ワンボックスやミニバンの場合には、リアはスライドドアになることもありますし、両面スライドドアということも出てきます。
こうした場合は、少し特殊と考えていいでしょう。

基本の2ドアと4ドアを考えると、2ドアの場合には、スポーツ仕様であるということがほとんどです。
開口が大きく、乗りやすくはなりますが、後ろの座席に乗るためには、フロントのシートを倒さなければいけなくなります。
かなり面倒ですし、シートにあるものが邪魔になることさえある点に注意が必要です。
2ドアの場合、扉の大きさも大きくなります。
ぶつけてしまったりすることも考えられますので、駐車場が狭いような場合には避けたほうがいいでしょう。
無駄に傷をつけることも増えます。

2ドアの場合、ボディ形状もクーペになることが多くなり、視界もかなり狭くなるでしょう。
運転自体もしにくいことが多いため、初心者には向きません。

使い勝手は4ドアの勝ち

使い勝手ということでは、4ドアのほうが確実です。
後ろの座席に乗るのに、フロント側に乗っている人が下りないでも問題がありません。
昇降のしやすさという面では、はるかに4ドアのほうが上なのです。

車体の剛性ということを考えると、2ドアのほうが、余計な部材がない分だけ高まることは確かですが、初心者の状況にそんなことに気がつくかといえば、まずありえません。
レースに出たりするのであれば、これは大きな違いになりますが、普段使いということを考えると、そんな差は感じることもなければ必要もないのです。

スライドドアの注意点

ミニバンやワンボックスの場合、スライドドアは非常に使いやすい存在になります。
何せ扉が広がりません。
ぶつけませんし、大きな開口を作り出せることによって、荷物の出し入れもしやすいのです。
その代り、電動スライドではなく、手動の場合には思いっきり閉めた時に手を挟んでしまったりすることも出てきます。
小さなお子さんがいたりするのであれば、電動スライドにするなど対応を考えておいたほうがいいでしょう。

初心者にあっている車を選ぶには?車を購入するときに考えるポイント

車を買おうと選んでいるとき、どんな形の車がいいか考えてしまうでしょう。
しかし、初心者であるということを忘れてはいけません。
あくまでも、運転はうまくないという事実を無視するべきではないのです。

初心者の運転は危険だということを考える

車の運転がうまくなるためには、時間が必要です。
運転した時間は経験となり蓄積されることで、技術を向上させることができます。
これはプロレーサーなどでも同じことで、いきなり運転がうまくなったりすることなどないのです。
つまり、初心者のころの運転は、だれでもうまくありません。
そんな時に、操作の難しい車に乗れば、事故を起こす可能性を高めます。
事故を起こしてないから大丈夫と思う人は、たまたまそうならなかっただけのことです。
事故を起こす確率は高く、それが100%ではなかっただけのことなのですから、経験を積みどんどん下げていくことを考えていかなければいけません。
初心者なんだから、ぶつける可能性が高いといわれるのは、当然のことだと思いましょう。

安全に走ることができる車を

初心者の時、どんな車を選ぶかは、いくつかの考え方があります。
ぶつけてしまう可能性を考え、丈夫な車を購入して、身を守るということが一つでしょう。
たとえば、軽自動車を避けて、コンパクトな車を買うというのも一つの選択なのです。
ただし、現在の軽自動車の衝突安全性能は上がってきており、以前のような差別化を考える必要まではありません。

次に速度があまり出ない車で、重量が少ないものを考えるのも方法です。
速度を出さないということは、安全上重要であることは間違いないでしょう。
車の性能がどんなに上がっていったとしても、速度が上がったことをカバーできるほど人間は進歩していません。
それが初心者ならなおのことでしょう。
基本的に排気量が上がれば、速度が出やすくなるのですから、排気量の少ない車を選ぶことも必要です。
重量は、少ないほうが簡単に止まります。
その分だけ、安全に停車できるということを考えると、大きな車で重量があれば、危険性は高まると考えることができるのです。

座ってみて視界の確認

座ってみて、視界がしっかりととれるかどうかも重要なポイントといえるでしょう。
カタログだけみているとさっぱりわかりませんが、運転席に座ってみると、明らかに見えない車があります。
フロントボンネットが長い車や、シートポジションが低い車は、視界は決してよくありません。
後方の視界も重要ですし、タイヤの位置はできるだけはじにあるほうが、視界はよくなるようになります。
ピラーの位置も重要で、本当に見えない車は、体を動かしながら見ることにもなるのですから、実際に座ってみて考えることが重要となるのです。

車を購入するとしたらご予算は?無理をしないで済む範囲に収める理由

車を買うとしたら、初心者だってお金が必要です。
そんなところでだれも優遇などしてはくれません。
では、どうしたらいいのかといえば、いったいいくらかけることができるのかを考えることです。
何でもいいからということで考えても、お金は出ていくのですから、しっかりと考え決断することが求められるといえるでしょう。

予算は限りなくあるわけじゃない

いったいいくら使えるのかということを考えることは重要です。
どんな車が欲しいのかを考えていかなければいけませんが、それだってない袖は振れるわけじゃないのですから、予算を確保してから考えたほうが現実的でしょう。
それと、先に予算を決めておくことで、欲しいから予算をオーバーしてもという本末転倒な考えに至らずに済みます。
せっかくの車だって、支払っていくことができなくなるリスクを抱えたら、購入なんてしないほうがましなのです。

お金のプランを考えるうえで、まずは収入をはっきりさせましょう。
お仕事をして、毎月いったいいくら入ってくるのかを正確に把握します。
税金なども引かれ、手取りとしていくら残るのか、ここからスタートです。

次に必ずかかるお金を引きましょう。
一人暮らしなら、家賃や水道光熱費があるはずです。
変動することもありますが、ある程度把握はできていることでしょう。
親元で暮らしているのであれば、入れている食費や会社までの通勤費、お昼代といったところは必ずかかってきます。
保険料なども重要ですので忘れず。
その辺りをはっきりとさせ、手取りの収入から引いてみます。

今度は変動するお金を考えましょう。
たとえば、どこかでお食事をすることも、お酒を飲むこともあるはずです。
これが会社とつながっていることなら、これは仕事にも影響するため、ある程度考慮して行かなければいけません。
趣味の部分もあるでしょう。
こうしたお金をある程度予算建てして、また収入から引いてみます。
その金額から、1割は貯金に回すなど余裕をもって考えるぐらいが重要です。

もしものことを考えて

残った金額も、すべて車を購入する金額に入れられるわけではありません。
車を買えば、維持費が出ていきます。
たとえば、1週間に1度給油をすると考えれば、1回3000円なら1万2000円を引かなければいけません。
これがハイオクなら、もっと予算を見なければいけませんし、燃費が悪ければ1回5000円になることも珍しくはありません。
回数だって増えますので、どんな車にするかでも変わります。

車検もやってきますし、タイヤもいずれダメになるでしょう。
オイル交換も考えなければいけないのですから、ガソリン代とは別に月1万円程度はもしもの費用に取っておきます。
さらに、保険の問題も出てきますので、大きな車ならもしもの時の貯蓄と合わせて2万円見ても足りなくなることが出てくることを中止しなければいけません。

こうした残ったお金が、車を購入するための資金源です。
おそらく思っている以上に少なくなっていることでしょう。
無理をしても返済は厳しくなるのですから、かなり余裕を持って購入することが重要なのです。