初心者でも考えなければいけない事故の怖さと安全の考え方

車選びをして行く中で、初心者向きの車と考えていくと、そんなものは面白くないと言い始める人もいるでしょう。
車の運転の楽しみは、運転が難しいことでも、スピードを出すことでもありません。
もっと単純に、車を運転することが楽しいのであって、危険を棚あげして楽しむことではないのです。

安全性か自分の楽しみか

車を運転する楽しみは、快適に走れることがあったり、いろいろなところに行くことができたりすることが挙げられます。
その中で、スピードが出るといいなとか、きれいで楽しい走りができればいいなといったことが出てきたりするのです。
しかし、安全に走れることと比べて、こうしたことが必要かどうかを考えていかなければいけません。

とんでもなく重い塊が走るということ

車は1tもあるような鉄の塊です。
アルミ製もありますし、もっと軽いもの、2tを超えるようなものもあるでしょう。
これが、スピードを出して走ってくるのです。
教習所などでも危険は少し教えますが、実際にぶつかれば人間はひとたまりもありません。
40kmで人と正面衝突すれば、確実に死んでしまう衝撃を与えることになるのです。

スピードを上げれば、それだけ止まるまでの距離が長くなります。
これを制動距離と呼びますが、ブレーキとタイヤの性能が上がれば短くなるのです。
ですが、スピードを落とせば、もっと確実に短くなるのです。
それだけ安全に走ることができるようになるわけですが、自分勝手にスピードを出す楽しみで、周りを危険にさらす必要があるでしょうか。
ドライバーが必ず考えていかなければいけないことなのです。

事故を起こしたらどうなるのか

もうひとつの側面として、事故を起こしたらどうなるかも考えなければいけないでしょう。
保険を掛けることは当然ですが、賄いきれなくなることも出てきます。
もしも、死亡事故となれば、数億円になることも出てくるのです。

そして何よりも、こうした損害を与えた罪に問われることになるでしょう。
交通刑務所に送られる可能性だってあるのです。
独りよがりで楽しみを求めるリスクを考えなければいけないでしょう。

車は楽しいもので、行動範囲を大きく広げてくれます。
安全に運転できるように、自分に合った車を選び、安全に走ることができるように気を付け、日常使っていかなければいけません。
そのために、保険も必ず掛けなければいけませんし、整備も欠かさず行うようにし、安全な走行ができるようにすることが大切なのです。

見落としてしまうと大後悔!燃費を甘く見ると維持できなくなるかも

初心者だと、車というものが、どれぐらいお金がかかるものかわかっていないことも多いでしょう。
特にガソリン代は大きな影響を与えていきます。
ランニングコストがかかりすぎれば、乗ることもできなくなるのですから、よく考えておかなければいけないポイントなのです。

燃料代は最も掛かる維持費

燃費は、オーナーの財産を確実に使っていく存在です。
燃料がなければ、車は走ることができないのですから、とても重要な意味を持ちます。
単純に燃費が良ければ、燃料代を小さくすることができるのですから、ポイントとして抑えておかなければいけません。

ガソリン代が高騰しやすい現在、ほんの数円の差が大きな違いになってきます。
初心者の時には、ハイオクだっていい、そんなことは気にしないと思うかもしれませんが、とんでもない差を生み出し、維持できなくなることだってあるのです。

実際の数値で比較してみる

1リッター100円と140円を比較してみましょう。
50リッター入れるのに、100円なら5000円です。
ところが、140円なら7000円になるのです。
月4回入れるとすると、その差は8000円にもなります。

では、燃費を考えてみましょう。
リッター15km走る車と10kmの車を比較してみます。
よくある燃費ですが、50リッター使うことができるとすると、満タンで725km走れます。
10kmの燃費だと、500kmですから、大きな差が生まれてくるのです。

さらに進めて考えると、通勤に一日20㎞かけるとしましょう。
往復で40kmですから、これが5日間ですから、200kmになります。
リッター15km走れる車は、3週間と3日弱走れます。
ところが10kmだと、2週間と2日ですから、とても大きな差になるのです。
4週間の燃料消費量を考えると、燃費が15kmなら53リッターです。
ところが、10kmになると80リッターなければいけません。
27リッターの差をリッター100円なら2700円、140円なら3780円になるのです。
これも、他には一切燃料を使わなければということですから、どこか寄り道をしたり、休日に出かけたりすれば、どんどん大きな差が出てくることがわかるでしょう。

燃費がいい車を選ぶだけで、これだけの差が出てくるのですから、車の購入代金にも回すことができるはずです。
それだけ大きな影響を与える性能になるのですから、ハイブリッド車を選んだりする人が多いこともうなずけるでしょう。
特にハイオク専用エンジンともなるとものすごい差が出てきますので、よく考えて車を選んでいかなければいけないのです。

車を売っているお店はいっぱいある!ディーラーから独立中古車店まで

車の予算が決まったら、今度はどこでどんな車を買うかを考えなければいけません。
車と一口にいっても、売っている場所は様々で、それぞれ違いがあるからです。
簡単に購入する金額のものではないからこそ、どこで購入するかも考えていかなければいけません。

メーカーが中心となる新車のディーラー

車を購入する方法として考えられるのは、大きく分けて二つあります。
メーカー系と販売店です。
メーカーは、その名の通りトヨタや日産、ホンダなどのディーラーで、中古販売店もあったりします。
販売店も細かく分けると違いがありますが、メーカーから供給を受けた販売店と中古車店として独立経営しているところがあるのです。

新車を販売しているディーラーは、基本的に新車販売だけを考えています。
中古車も並行して行っていることがありますが、トヨタや日産といったところは、新車のみ扱っていると考えたほうがいいでしょう。
メーカーですので、サービスはしっかりしていますし、パーツも取り寄せたりすることが簡単です。
人気の車種の場合、優先的に取り寄せられたりすることもあります。

欠点として、新車ディーラーは、あまり値引きに応じません。
強気に出てくるところもあります。
特によく知られているのがレクサスで、一切値引きしません。
値引きということもご法度な販売で、そういったお客は相手にしないという姿勢を貫いていますので、事前に注意が必要です。

中古車を買い求めるなら

中古車販売店の場合、メーカー系もあります。
トヨタ中古車販売のような形のお店で、トヨタの車を中心に扱う点で特徴があるといえるでしょう。
新車ほどは強気に出ませんが、それでも高いことはよくあります。
パーツやメンテナンスに関して、自社のものであれば相当修理も可能なため、安心感は高めです。
他社の車は、そこまで手に入れることがないため、かなり安く売ることもあるため、ねらい目だったりもします。

独立系の販売店は、大きなチェーンと個人規模の販売店の2つに分かれる点が注意です。
大きなチェーンは、新車の販売店もやっていたりすることもあり、多くの車を集めやすくなっています。
独自のオークションを持っていたりすることもあり、好みの車を探し出しやすい特徴がありますが、基本としてメンテナンスなどが高額になりやすくなることがあるのです。

小さな中古車店は、そこまで多くの車を集められないこともあり、独自色を出しつつあるテーマに沿った車の販売をしていることがあります。
キャンピングカー専門店やチューニングカーなどもあり、どんなところを選ぶかで違いが出てくるのです。
価格は安くなりやすい代わりに、パーツを集めるのに時間がかかったりすることもありますので、注意しなければいけません。
代わりに、珍しいものも集められたりするため、どんな車が欲しいのかを考え選ぶ必要があるのです。

初心者マークからの車購入!新車対中古車

普通自動車免許を取得すると、車を買うかもらうか、なんにせよ自分が乗る車を探すことになるでしょう。
でも、初心者だと、どんな車にしていいのか考えてしまうことも出てきます。
本当にこれでよかったのか、間違った車を見つけていないのか、車選びにはいろいろなポイントがあるのです。

新車で買うという選択

車を購入するという全体で考えると、選択肢は2つあります。
新車での購入か中古車での購入か、このどちらかを選ぶことになるでしょう。
知り合いにいただいたケースや、おさがりに乗るとしても、中古車ということに限りなく近づきます。

新車で購入する場合、何よりもだれの手にもわたっていない車を選ぶことができるでしょう。
これは楽しみでもあるはずです。
ですが、新車であるがゆえに、ぶつけてしまったりすれば、精神的にも大きなダメージになるでしょう。
もちろん、新しいものを購入するのですから、購入金額が高くなることも考慮しておかなければいけません。

その代りに、好きな車の好きな色を購入することができます。
中古車では、好きな色は探さなければいけないのですから、大きな違いになるでしょう。

車検に関しても、乗用であれば3年の車検があります。
保険も中古車よりも安くなりますので、何もデメリットばかりではないのです。
しかし、運転がうまくない状態であることを考えると、もったいないということが大きな理由となってくるでしょう。
ぶつけるぐらいなら、中古車のほうがお金もかかっていないからです。

中古車だからこそのメリット

中古車のメリットを考えてみると、何よりも金額が低くて済みます。
中にはプレミアのついた高級な車もありますが、ほとんどの車はやすくなると思って間違いありません。

中古車ですので、自分で細かく条件を付けて選ぶことはできない代わりに、古い車も見つけることができます。
ぶつけた時も、車の購入に掛ける金額を下げることができる分だけ、精神的なダメージも下がるでしょう。
よく中古だから大事にしないという意見もありますが、好きな車を選ぶことができる分だけ愛着もわきますので、こうした意見は当てはまりません。

問題は、車検が常用でも2年と短くなり、総合的にランニングコストがかかることと保険も上がりやすくなるというところでしょう。
あまりにも古い車の場合、税金も上がりますし、メンテナンス費用も掛かります。
中には自分である程度車の知識がなければ乗れないような車もあり、簡単にいかなかったりする部分があるのです。
それでも、購入しやすいということは、初心者にとって大きなメリットになるでしょう。